ブログ運営記録

【13ヶ月目】技術ブログのアクセスと収入公開

ども、木村です。本業はデータサイエンティスト、副業でアプリ開発をしています。

今回の記事は運営して13ヶ月目に到達した技術ブログのアクセス数と収益報告になります。

ついに本格的にブログを開始して1年が経ちました。以前の報告からアクセス数・収益共に劇的な変化があったのでご報告します。

【筆者のスペック】

  • データサイエンティスト歴3年
  • 個人でのアプリ開発歴 2年
  • 二人の子の父

はじめに

最初に今までの収益報告を振り返りたいと思います。

過去2回収益報告をしましたが、収益0円の状態から約4000円にまで時間はかかりましたが順調に成長していきました。

ブログを開設して5ヶ月経ったことの収益は約3000円弱でした。

そしてさらに5ヶ月が経った10ヶ月目になるとPVも少しずつ上昇傾向し、月当たりの収益が安定して3000円以上超えるようになってきました。

そして今回、3ヶ月が経過した13ヶ月目の運営報告をしていきたいと思います。

戦略的に記事を投稿したところ、アクセス数と収益の両方に大きな変化がありましたのでご報告します。

開設13ヶ月目の技術ブログのアクセス数と収益

収益は6764円でした!!(わーい!)

記事数170 記事
PV数2.672 PV / 月
A8¥ 4,994
Google AdSense¥ 293
Amazon アソシエイト¥ 1,477

ようやく目標だった月5000円を突破しました!( 泣 )

アクセス数の傾向

アクセス数は3ヶ月前の約2倍まで伸びました

ちなみに、私のサイトは流入元のほとんどがオーガニック検索によるものです。

現時点でTwitterは800人以上いますが、ほとんどこのサイトに訪れてません。

Googleの検索で辿りついています。

収益の傾向

A8とAmazon アソシエイトがかなり伸びましたね。

そして、Google AdSenseは雀の涙といったところです。

Amazon アソシエイトはこの1年間なかなか収益が発生せず試行錯誤をしましたが、もしもアフィリエイトの簡単リンクを使うことでAmazon商品のリンクをオシャレに貼れたことが一つ効果のあった対策だと思います。

↓もしもアフィリエイト

他の技術ブログ稼いでいる方を参考にしたところ「A8」と「Amazon アソシエイト」そして「もしもアフィリエイト」の構成で稼いでいる方多い印象で、実際に私も収益の作りやすさを実感しています。

(正直、Google AdSenseは広告で結構な画面領域を使う割に収益を産んでくれない…)

そのため、これから技術ブログを始めようとしていてASPを探している方はまずはA8、Amazon アソシエイトから始めてみてはいかがでしょうか。

↓A8

取り組み

戦略的に記事のキーワード選定を行いました

私の場合、コンテンツはFlutterにまつわるものがほとんどで、キーワードプランナーでFlutterを調べると月当たりの検索ボリュームが10~100ほどで個人でも十分戦えそうな領域であることがわかりました。

また、実際にFlutterに関連するキーワードを調べたところ、必ず1ページ目に英文の記事があり、日本語の記事が充足していない気がしました。

つまり個人でも十分に参入できる領域だと考えFlutterにまつわる記事を狙っていくことにしました。

すると検索順位がぐんぐん上がり、今では約40記事ほどのFlutter記事の平均検索順位は12.8位となかなかの高水準を保つことができました。

もちろん中には検索順位1位のものも多数あります。

レンタルサーバーの契約を変更した

このブログはロリポップという格安レンタルサーバーを利用しています。

今までライトプランという月220円のサーバーを利用していましたが、月550円のハイスピードプランに変更し、サイトの表示スピードが劇的に速くなりました。

この影響もあってSEOや、サイトに訪れるユーザーの満足が上がりサイトのリピート率も上がったのではないかと考えています。

まとめ

このブログを始めて間もない頃「技術ブログは稼げない!」なんて記事を目にして、ひどく落ち込んだことがありました。

しかし、なんだかかんだ目標であった月5000円を突破し、月収益5桁も手に届きそうな勢いで毎月アクセス数が伸び続けています。

これをモチベーションに次は月1万円を目指して地道に記事を更新していこうと思います。

ちなみに技術ブログで稼げるようになったので、個人開発で発生していた経費(Apple税や、GCPのサーバー代など)はブログの収益で賄えるようになったので個人をしている人は是非技術ブログで稼いで、思う存分個人開発しましょう!