GCP入門

【合格記】GCP認定 Professional Data Engineerの勉強方法

この記事では【GCP認定資格 Professional Data Engineerの勉強方法】についてご紹介します。

今回は本資格に合格されている現役データエンジニアの黒田さんに記事を寄稿いただきました!

この記事を書いた人:黒田 俊樹

  • データエンジニア 3年目
  • データサイエンティスト歴 3年
  • GCP歴は3年
黒田

GCPを使って機械学習環境を構築する機会があり、

GCP認定資格 Professional Cloud Database Engineerとは?

GCP認定資格 Professional Cloud Database Engineerは、「GCPを活用して機械学習やデータ処理をするためのパイプラインを構築するための知見があることを証明できる資格」です。

試験範囲は、認定試験ガイドにもある通り以下のような内容が問われる試験です。

  • データを処理するためのパイプラインの設計・構築・運用
  • 機械学習によって生成されたモデルの運用方法
  • データ処理のパイプラインと機械学習のソリューションにおける品質保証(セキュリティやモニタリング)

【 Professional Cloud Database Engineerの概要 】

試験難易度

難しい

試験時間

2時間で50問

受験方法

オンサイト試験または、オンライン試験

受験費用

200 米ドル

言語

英語/日本語

GCP認定資格 Professional Data Engineerの勉強方法

Professional Data Engineerに合格するためには、「データ処理・機械学習・品質保証・GCPサービス」について抑えていく必要があります。

もし一般的な機械学習について知見がなければまずは以下のような書籍で学習をすることをお勧めします。

具体的には以下のような手順で学習を進めていきました。

【GCP – Professional Data Engineerの勉強方法】

  1. CourseraでGCPサービスをインプット
  2. 模擬試験を解く
  3. 問題集を解く

1. CourseraでGCPサービスをインプット

GCPの公式でも推奨している以下のトレーニングプログラムを受講しました。

こちらで実際にハンズオンを行いながら学習を進めていきました。

週に4時間のだとおよそ4ヶ月かかり、結構ボリュームがあります。

ただ70%近く試験範囲をカバーできるので最後までやり切ることをお勧めします。

2. 模擬試験を解く

公式で模擬試験を提供しているため、念の為受けてみました。

思ったより出題される文章も短かったので安心しました。。

3. 問題集を解く

模擬試験だけでは、心配だったのでここからは問題集を解いて出題形式になれていくことにしました。

【最短攻略】Google Cloud 認定 Professional Data Engineer 模擬問題集」が解説も付いていて評判通り良かったのでお勧めです。

まとめ

今回は【GCP認定資格 Professional Data Engineerの勉強方法】についてご紹介しました。

試験に合格することでより、自身のデータエンジニアリングに自信を持つことができますよ!

是非この機会に挑戦してみてください!

黒田

最後まで読んでいただきありがとうございました!