Flutter入門

【厳選】Flutterに入門できる書籍 3選

ども、木村です。本業ではデータサイエンティスト。副業で個人でアプリ開発をしています。

いまやクロスプラットフォームの主力となりつつあるFlutterですが、本記事では入門者向けのおすすめの書籍をご紹介したいと思います。

想定読者

Flutterを使ってアプリ開発をしたい方

【入門】Flutterの概要

Flutterは、Googleが開発したスマートフォンアプリを開発するためのプログラミング言語です。以前までスマートフォンアプリの開発は、iOSではSwift、AndroidではKotlinといったようにスマートフィンのOSごとに使用するプログラミング言語が異なる状況でした。

Flutterの登場により、一つのプラグラミング言語を使用することで両方のOSでも動くアプリを作成することが可能になりました。

これにより学習コストや保守コストが大幅に低下するため、業界でも大変人気のあるプログラミング言語へ成長していきました。

現在では、スマホアプリだけでなくWebアプリケーションを作成することが可能です。

ポイント

非常に汎用性の高く人気のプログラミング言語のため、今後も需要が高くなると考えられます

【厳選】Flutterに入門できる書籍 3選

そもそもFlutterの学び方についてですが、大まかに以下の順序で学ぶことをお勧めします。

  1. Dartの基礎構文
  2. Flutterでのステートメント管理方法
  3. Firebaseを活用したアプリ開発方法

そのため、本記事でご紹介する書籍も上記の内容について入門できるものを厳選しました。

Android/iOSクロス開発フレームワーク Flutter入門

内容としては環境構築やDart言語の基礎といった一般的な入門書の内容はしっかりカバーしています。それ以外にもriverpodやflutter_hooksなどに気になる技術をTodoアプリというわかりやすい題材で解説していて、個人開発者としては参考になる実践的な内容になっていました。

Amazonレビューより

本書を最初に読むことをお勧めする理由は、Flutter開発の肝となるDart構文について手厚くカバーしている点です。

FlutterはDart言語を使って開発をおこないます。そのため、Dartに関する基礎構文を理解する必要があり、現状このDartについてカバーできている書籍が非常に少ないためこちらは貴重な一冊になるかと思います。

ポイント

Flutter開発で必須となるDartに関する基礎構文をカバーしている

入門 Riverpod

こちらの本については私自身大変お世話になりました。

Flutterで画面の開発をする際に、取り扱う情報の状態を管理する「ステートメント管理」という実装する必要があります。このステートメント管理においては既存のFlutterライブラリを使用して行うことになるのですが、現在デファクトスタンダードになりつつあるRiverpodについて入門できる書籍です。

内容については非常にわかりやすく、ステートメント管理の初心者だった私でも理解できました。そしてRiverpoが使えるようになって個人開発の効率もかなり上がるようになったので間違いなく私を成長させてくれた一冊です。

ポイント

ステートメント管理のデファクトスタンダードになりつつあるRiverpodについて学べる

作って学ぶ、FlutterとFirebaseを使ったアプリ開発 

こちらの書籍は「入門 Riverpod」と同じ作者の方が書かれている本になります。

FlutterとFirebaseを連携することで、サーバレスな情報連携が可能になります。また、インターネットを通じて、取得した情報を特定のDBに保存したり、別の端末に送れるようになります。

これらの技術は現状アプリを多くの方に利用いただく場合、必須の導入要素となりますので是非こちらの書籍をご活用ください。

ポイント

FlutterとFirebaseの連携方法を学べる

今回紹介した三つの本でアプリは作れます!

今回ご紹介した知識があれば、アプリも作れて、ストアで公開することができるようになると思います。

現に私もこちらの知識を活用してニュースアプリをストアにリリースすることができました!

是非、今回ご紹介した書籍を手に取ってアプリ開発に挑戦いただければ嬉しいです。

補足

書籍はKindle電子版でご購入されることをお勧めします。

紙媒体で買ってしまうとソースコードなどのコピペができなくなってしまうので勉強しづらいです。

Kindle電子版を購入して、PCにて閲覧することをお勧めします。

書籍以外にもFlutterを学ぶ方法があります!

もし書籍以外でFlutterを学習したければ以下の記事をご参考ください。